現代学園風 | オリジナルボイスドラマ企画 | 青春ラブストーリー

※ボイスを聞くときは再生音量にご注意下さい。

main character

メインキャラクター紹介

黒沢澪史[kurosawa reishi] | cv[ ぶん ](後任)

サンプルボイス   自己紹介ボイス


主人公、誰に対しても優しい。人と打ち解けるのが早いが、他人からは心の底には近づきにくい。
身長:180cm
体重:67kg
性別:男
年齢:17
自称:僕

ごく普通の高校生、「桜陽高等学校」に通う。
素直かつ平和主義者、礼儀正しい、メガネ男子。
風蘭とは家が隣同士で親友。

父は売れっ子猟奇推理小説家の父子家庭で、
実家で毎日家事の手伝いをしていたため、料理はかなり得意である。

大量の本や巻物を昼夜問わずに読んでいたためか、少し視力が弱い。
父が著名な作家という家庭環境で育ち、本人も将来は小説家になるのが夢。

読書と天文学が趣味、家事と料理が得意だが、知られるのが嫌。
意外にも、あまり恋愛経験がなく、
恋愛よりも友情や趣味などを大切にして楽しむタイプ。

木下公平[kinoshita kouhei] | cv[ いし ]


サンプルボイス   自己紹介ボイス
ライバルで友人、花のように美しい男性
身長:177cm
体重:63kg
性別:男
年齢:17
自称:俺


澪史の高校のクラスメイトと悪友。
遅刻、欠席、早退、門限破りの常習犯で、その上かなりのプレイボーイ。

「不良」と呼ばれている問題少年だが、成績は優秀で、
何だかんだ言いつつも困っている人を放っておけない性格や華やかな雰囲気でその人望は厚い。
俺様気質ではあるが、気さくで明るい性格、楽天家で豪放な性分、
物腰は意外とソフトで、いつも優しい笑みを浮かべている。
女子からの人気は高い。

牧雅紀[maki masaki] | cv[ 羽切秋冷 ](後任)


サンプルボイス   自己紹介ボイス
澪史、公平のクラスメイトと悪友。性格は無口で老成。
身長:175cm
体重:60kg
性別:男
年齢:17
自称:俺
口調:古風な男口調


澪史と同じ高校に通っている。
自分勝手、不条理で頑固なタイプ、
原則的な人で鋭いく、物事の急所をずばりと言い当てる。
哲学に関する本を読むことが趣味。
寡黙な性格だが、極端に無口で表情に乏しい、
どこか神秘的な雰囲気を持つ男の子。

立花紫苑[tachibana shion] | cv[ 環玲美 ](後任)


サンプルボイス   自己紹介ボイス
古典的で和風顔だが、洋服が似合う冷たい少女。
身長:167cm
体重:52kg
性別:女
年齢:16
自称:私

志津子と慧一が急に偽装結婚の関係で、澪史の血縁関係のない妹になった。
女性的な美貌と黒髪赤眼が特徴、
大人びた容姿で周りからは美人だと言われるが自覚無し、性格は寡黙で冷静沈着。
はじめは澪史を兄として認めず、よく喧嘩する。
二人は蛇と狐のように仲が悪いが、人前ではいい兄弟の振りする。

小森風蘭[komori furan] | cv[ 百鬼 ]


サンプルボイス   自己紹介ボイス
可愛くて活発な良い子だが、常に澪史の傍らについており、彼の妹のような存在。
身長:158cm
体重:49kg
性別:女
年齢:16
自称:私

澪史と同じ「桜陽高等学校」に通っており、学年も同じ、
一見普通の女子高生で天真浪漫な女の子。
容姿中の上、頭脳中の下、少し天然、味音痴で、料理が好き。
常に明るく元気な性格なので友達も多く、誰からも慕われている。

紫苑と逆で、可愛くてパワフルな少女、
感情豊かで、妄想好きな魚座、身近の友人を大切にし尊重している。

黒沢澪史[kurosawa reishi](幼少期) | cv[ 野上清斗 ]


サンプルボイス   自己紹介ボイス
おとなしい性格。
母が入退院を繰り返していたため、歳の割にはしっかり者だが、母に対しては少し甘えん坊。
積極的に人に関わりに行くタイプではない。はにかみ屋。

山下詩音[yamashita shio] (幼少期)| cv[ 白詰花菜 ]


サンプルボイス   自己紹介ボイス
面倒見がいいお姉さん気質。
何事にも積極的で、可憐な容姿に似合わずリーダーシップがある。
弱気になる澪史を励まし支える。
支えているという自覚で強くなろうとするところがある。

sub character

サブキャラクター紹介

黒沢慧一[kurosawa keiichi] | cv[ 490 ]


サンプルボイス   自己紹介ボイス
猟奇推理小説家。
澪史の父、ユーモアな中年紳士で、女性に礼儀正しい。
よく澪史じゃれ合ったりして、息子に誇りを持っている。

立花志津子[tachibana shizuko] | cv[ いちい ]


サンプルボイス   自己紹介ボイス
紫苑の母、親世代の重要なヒロイン(?)
大和撫子的な、古風な、物静かで慎ましい女性。
しかし、感情に対する優柔不断で、夫と行き違いになった。
彼女の慧一に対する感情も確かなものであった故、紫苑に母が父を愛していないと思わせた。

黒沢燐[kurosawa rin] | cv[ 真中ゆき ]


サンプルボイス   自己紹介ボイス
澪史の母、病気で亡くなった。
家族に心配されないように、いつも優しくて穏やかな姿しか見せない。

山下総五郎[yamashita sougorou] | cv[ 櫻井智夜 ]


サンプルボイス   自己紹介ボイス
紫苑の父、9話以降登場する。
志津子の夫、志津子のことを深く愛しているが、
彼女が同時に慧一のことをも好きだった事は受け入れなかった。
社会地位が高く、人望も財産もあったものの、感情の処置が苦手で、妻と離婚した。
数月後、妻が黒沢家にいることを知り、20年前の秘密を持って黒沢家に訪れた。

天河早穗[tenga saho] | cv[ 雪城あゆむ ]


サンプルボイス   自己紹介ボイス
澪史の学校の先生。
セクシーボディで、澪史の先輩でもある。
痴漢に遭っても顔色ひとつ変えず仕返すという胆力を持ち、
幽霊の存在は信じないが、神社で巫女さんのバイトする。
その本性は我侭そのもので、強くてカッコいい女性。

堀田愛美[hotta manami] | cv[ 愁閭ひいろ ] (後任)


サンプルボイス   自己紹介ボイス
風蘭の親友、影で彼女の恋を支える。
性格は気が強く快活だが、世話好きな一面を持つ。
燃えるような恋に憧れる、ごく普通の少女。
風蘭とはクラスメートの関係、澪史があまり好きではない。

村田章吾[murata schohgo] | cv[ 松永みとせ ]


サンプルボイス   自己紹介ボイス
出版社に勤め、慧一の責任編集である。
黒沢家まで小説の進捗状況を確認に足を運んでいる、理想ある熱血青年で、
よく慧一に「小説なんてもう書けない!」といった嘘に翻弄されるが、
澪史の創作の才能を高く評価している。

エキストラ | cv[ 上条巧 ]


自己紹介ボイス

character design

キャラクターデザイン(全身)